%E3%81%B0%E3%82%93%E3%81%BA%E3%81%84%E3%82%86 %E7%A0%82%E7%B3%96%E6%BC%AC%E3%81%91 %E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%B3

「ばんぺいゆ(晩白柚)」という果物をご存知ですか。九州出身の方ならおなじみかもしれませんね。驚くほど大きい柑橘類で、その大きさは25センチ、3キロになるものもある程です。大きいだけでなく香りもよくておいしい「ばんぺいゆ」の魅力に迫ります! 柑橘系の皮は砂糖漬けにするとおやつや手作りのスイーツ、パンのアクセントなど使い道が広がります。1個分でもちょっとの量でも、おいしい砂糖漬けにしてみませんか?今回は、皮の砂糖漬けをご紹介します。八朔やばんぺいゆ・ザボン皮の砂糖漬けの作り方は? 先日九州人吉から送ってもらった「晩白柚」の砂糖漬けにトライしてみた。ザボン漬けならぬ晩白柚漬けだが、ともに果肉を食べた後のぶ厚い果皮を砂糖漬けにするもの。女房が作る手筈と思っていたが中々手を出さないので、生まれて初めてお菓子なるものを自分で作ってみた。 楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「晩白柚の砂糖漬け」のレシピページです。砂糖、グラニュー糖 いずれも いくらでも吸い込んでいく感じなので この分量ぐらいがいいようです。。晩白柚,砂糖,塩,グラニュー糖,みず ばんぺいゆ(晩白柚)という果実を見たことはあるでしょうか?ここでは、ばんぺいゆの選び方や食べ方、保存方法などを詳しく紹介します。ばんぺいゆ(晩白柚)は、果肉をそのまま食べるだけでなくサワーにしたり皮をジャムにするなど、いろんな食べ方が楽しめるようです。