%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3 %E6%B1%9A%E3%82%8C %E9%98%B2%E6%AD%A2
チェーンの掃除に必要なクリーナーは2つだけ。最初にフィルタークリーナーでチェーンを掃除します。 フィルタークリーナーは汚れた油を浮かせる効果があり、どんどん黒い油汚れが落ちていきます。 ロードバイクのチェーンについて質問を頂きました。一回のライド毎にチェーンの乾拭きなどはしますか?走行後の黒い汚れを毎回拭き取るべきか、拭き取らないほうがいいのか気になっています。(adsbygoogle = window.adsbygoog チェーンに付いた洗浄液の残りを拭き取るだけなので簡単です\( ˆoˆ )/ でも、これには注意が必要です。 それがスプロケとチェーンとの間に指を挟まない事 . チェーンの真っ黒汚れの落とし方. チェーン上部の樹脂カバーを外して・・。 フロントスプロケのカバーも外します。特にフロント側はチェーンだけ洗浄しても砂やオイルの汚れがカバー内にたまっている場合がありますので必須です。 チェーン表面のサビや汚れを落とし、表面をきれいにするオイルです。100円均一では「サビ防止スプレー」という名前のスプレー缶で売っています。自転車用が望ましいですが、汎用品でも構いません。 . . チェーンの汚れを拭き取る時は、スプロケットを通過したチェーンを拭き取る様にします。 自転車のサビといえばチェーンです。チェーンは最もサビやすい箇所と言えますが、そのサビの落とし方のテクニックからサビの防止方法までを徹底解説していきます。サビと無縁の自転車ライフを楽しむために自分でできるメンテナンス方法を習得しましょう。 チェーン清掃の方法をまとめました。 やらなければならないと思いつつ、長い間放置していました。 思っていたより、簡単でした。 簡単と言いつつも、10,000㎞放置の汚れはかなりのもので、悪戦苦闘しました。 必要なもの 手順 10mmメガネレンチで緩ます カバーを外す 飛散防止 ク …