%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF %E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0 %E5%90%8D%E7%A7%B0

ロードバイクのフレームを作る素材として、アルミとカーボンがメインであるということを前回のコラムでは書きました。 では、今回はこのアルミのロードバイクについて掘り下げていきたいと思います。 フレームのサイズを選ぶ際に重要なのは、シートチューブとトップチューブの長さです。 ロードバイクや自転車に触れていると、たくさんの「・・・・・・???」な用語が出てきます。本当の意味をはっきりと理解していない用語や、「今さら友達には聞けない」なんて用語もきっとあるはず。ビギナーからベテランまで、きっと役立つ用語を五十音順にまとめてた。

クロスバイクやロードバイクのパーツであるフレーム。素材はチタン、カーボン、クロモリ、アルミ、ステンレスといろいろありますが、その性能の違いや特徴、価格帯、重量などを詳しくまとめます。初心者や入門者がスポーツ自転車選びをする時の参考にしてください。

近頃は、ロードバイクのフレームをカスタムして楽しむ人も少なくありませんが、実際のところ、ロードバイクのフレームのブランドや種類によって、寿命の長い短いがあるのでしょうか。 カスタムをする上でも、重要なポイントとなりますので、気になるところですよね。 フレームの各部名称.

次回は、二台目のロードバイクを選ぶとき、どのサイズを選べばよいのかという事について書こうと思います。 それではっ! ロードバイクの選び方 ~ フレームサイズ選び編 その② ~ はこちらから! 三角形2つを組み合わせたダイヤモンドの形状したロードバイクのフレームですが、それぞれの各部分に名称があります。 フレームの各部名称.